おすすめ&安い自動車保険会社選びのための無料見積もり比較ガイド。自動車保険会社が増え続けている一方で、加入者は自分に最適な保険を選ぶ時代がきたといえます。保険業者と事故の対処者が同じ自動車保険損保を選ぶほうが安心だという人もいます。またいろいろな自動車保険を比較して貯金機能の付いた自動車保険保険を選ぶ人もいます。まずはネットで複数の保険会社の無料一括見積もりをして比較検討するのがおすすめです。またネット割引のあるアクサダイレクトなどの保険会社もありますよ♪
New Entries

自動車保険等級割引とフリート等級について

自動車保険の等級は、1年間無事故でいる場合には1等級づつ上がっていきます。つまり、等級数が多いほど無事故の期間が長く割引率が多くなる制度となっています。6等級から始まって、最高20等級まであります。割引率は等級に比例しているわけではなく、17等級以上はマイナス60%と一律です。

自動車保険の等級割引制度には二種類あります。ひとつは車の所持台数が9台以下のノンフリート等級と、もうひとつは車の所持台数が10台以上のフリート等級です。ほとんどの場合、自家用車として、家族に1台か2台車を所有するのが一般的で、フリート等級になります。

自動車保険の割引等級はノンフリート等級だけの割引に限らず、中にはノンフリート等級に年齢制限の条件を加えた保険の設定もあります。この場合、車の運転をする人の年齢が30歳までで年齢割引設定が構成されています。割引率はそれぞれの保険会社によって決まっています。

自動車保険を考える場合には、自分の年齢が若い場合にはプロテクト特約を付け、年齢制限割引と等級割引がセットになった自動車保険を探すことが上手な加入の方法となります。また、年齢が上がるにつれ、無事故であれば自動車保険料は安くなるので、よりグレードの高い保険に入る方法もあります。

【関連リンク】

おすすめの自動車保険の無料一括見積もりやネット割引のある自動車保険を紹介します。自動車保険を比較するとたくさんの自動車保険があることが分かります。こうした背景には損保会社に加えて生命保険会社も自動車保険に参入したことがあります。しかし選択の幅がひろがった反面、どの自動車保険を選んだら良いか迷う人も多いでしょう。そうしたときはやはりネットで複数の保険会社を一括見積もりして比較検討するかネット割引のあるアクサダイレクトなどお得な保険会社を選択するのがおすすめです♪

>>>おすすめ!自動車保険の無料一括見積もり!ic_pikapika.gif

自動車保険比較と保険診断してくれる会社

自動車保険は以前、どの保険会社に加入しても車の保障と言う意味ではあまり差がないと思われていました。また、保険販売業者の窓口の人柄を信頼してその会社の保険に入ると言う例もたくさんありました。この場合は、保険会社で自動車保険を比較するというよりも、販売代理店の人間性を選んだ訳です。

自動車保険を取り扱う会社は、テレビのコマーシャルやダイレクトメール、新聞などで自社の保険のメリットを宣伝することになります。自動車保険を比較してください。というキャッチコピーもあちこちで誰もが目にするようになりました。保険診断をする会社も登場しています。

最近では、保険市場という自動車保険を比較検討する店舗が出来ました。商店街や、デパートの中の一角にもこういったコーナーが設けられています。自動車保険も含め総合保険を比較できるサービスを無料で提供しています。まずはどんな保険があるかの情報をまずは入手したいものです。

自動車保険のサービスが会社によって違っていることを考えると、まず、自分がどんなサービスを一番求めるかといった意識が大切です。事故を起こした時に車の代車が必要かどうか、自動車保険を比較しながら、貯金機能も必要かといった自分の求めるサービスを明確に打ち出すことです。

【関連リンク】

ネット割引のあるお得な自動車保険の紹介&無料一括見積もりで徹底比較!自動車保険を自分で比較検討する時代と言うのはもはや事故が起きた時のことを自分で責任を持つ時代になったといえます。現在大手の自動車保険は20社以上あります。いままでは自動車保険は東京海上や、住友火災などの会社で取り扱われていましたが、最近ではこれらの損保以外でも生保なども扱っています。またネットで申し込みするとなんと最大4,500円割引になるアクサダイレクトなどかなりお得な保険会社もありますよ♪

>>>ネット割引でお得に自動車保険見積もり!ic_pikapika.gif

自動車保険見積もりと人身傷害補償保険など

自動車保険は損害保険の中で保険料ベースのシェアで約60%を占める、日常生活に最も密着した損害保険です。自動車保険には強制保険である自賠責保険(自動車損害賠償責任保険)と自賠責保険では保障しきれない部分をカバーする任意保険があります。

自賠責保険は法令により強制的に加入が義務づけられた保険であり、保障は他人を死傷させた場合のみに限定されます。任意保険は強制ではありませんが、自動車事故により他人を死傷させたり他人の車や家などを壊したりした場合の損害賠償や、自分自身の損害(怪我や車など)に対して保障されます。

様々な組み合わせが可能な任意の自動車保険は、他人への損害賠償を目的とした「対人賠償保険」・「対物賠償保険」、自らの損害を保障する「車両保険」・「搭乗者傷害保険」・「自損事故保険」・「無保険者傷害保険」・「人身傷害補償保険」などがあります。また、ファミリーバイク特約や弁護士費用特約などの様々な特約を付帯することが出来ます。

顧客獲得競争の激化もありますが、ニーズに応える形で、自動車保険は日々進化しています。最近ではリスク細分型自動車保険と呼ばれる、ドライバーの年齢・事故暦・性別・運転暦・免許証の色・車種・使用目的・走行距離・安全装置の有無・地域などのリスク要因を細かく設定した自動車保険も登場しています。自動車保険に付帯できる特約も種類が増えてきています。消費者としては代理店に任せることなく賢く自動車保険を選んでいきたいものです。

【関連リンク】

格安&おすすめの自動車保険見積もり比較情報。自動車保険は予期せぬ自動車事故に備えるための保険であり、現在では我々の生活に最も密着した保険の一つです。また、自動車保険会社が増え続けている一方で、加入者は自分に最適な保険を選ぶ時代が来たといえます。ネットで申し込みすると最大4,500円も割引のあるアクサダイレクトの自動車保険などもあるので、まずはネットで無料の一括見積もりしてから自分にあった自動車保険を選択するのがおすすめです♪

>>>格安!おすすめ自動車保険の見積もり情報ic_pikapika.gif

cms agent template0039/0040 ver1.003